Windows MRとは

MicrosoftがWindows10で提供している没入型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)です。

Windows Mixed Reality

トラッキング方式

HTC VIVEやOculusなどのHMDが現在位置をトラッキングする為にHMDとは別のセンサー機器を必要とする「アウトサイドイン形式」であるのに対し、
Windows MRは外部センサーを必要としない「インサイドアウト形式」なのが特徴です。
この形式では内臓されているカメラのみ(つまり他の外部機器を必要とせずに)で現実世界での座標情報をリアルタイム検知出来るメリットがあります。

メーカー

Windows MRは、スマホやパソコンのようにSamsung、Lenovo、ASUS、富士通、Dell、HP、Acerなど各社から発売されていますが基本的に一緒の仕様となっています。
(※例外としてSamsungの機種のみ有機EL液晶を採用するなど、頭ひとつ飛び出た性能となっています)

HTC VIVE・Oculus riftとの違い

比較的PCのスペックを必要としない

HTC VIVEやOculus riftが、いわゆる「VR用パソコン」と呼ばれる高性能パソコンを必要とするのに対し、
Windows MRはそこまでの高性能PCで無くとも動作します。
※Microsoftによると、2017年に発売されたPCのうち4割程度の機種で動作可能とのこと。
スペック詳細はこちら

トラッキング方式

上述の通り、HTC VIVEやOculus riftが「アウトサイドイン方式」なのに対し、
Windows MRは「インサイドアウト方式」です。

液晶がLED

HTC VIVEやOculus riftなどのハイエンドHMDが美麗な有機ELディスプレイを採用しているのに対し、
Windows MRは大半がLEDを採用しています。
(サムスンの機種は有機EL)

LEDよりも有機ELの方が見た目は綺麗なので、この点では劣っていることになります。