HTC VIVE

HTC VIVE(エイチテーシー バイブ)は、steamを配信している米国Valve社と台湾のスマホメーカーHTC社により共同開発された
VR向けHMD(ヘッドマウントディスプレイ)です。

片目1080×1200の有機ELディスプレイを搭載しており、美麗な映像と高度な没入感を体験できる高級機種です。

HTC-VIVE

ルームスケール

最大の特徴はルームスケール機能で、3m×4mの範囲にいるプレイヤーの頭の位置や向きリアルタイムに検出することが可能で、現実世界で歩き回るとVRの中でも連動して歩き回ることが可能です。

もちろん、普通に座ってプレイするモードも搭載しています。

トラッキング方式

アウトサイドイン方式。
2基のトラッキング用ベースステーションからのIRイレーザーで位置を測定します。

活用事例

ハイエンドVRの解説ページにて、HTC VIVEの活用事例を詳しく紹介しています。

Unityとの連動

UnityにsteamVRプラグイン(AssetStoreで公開)を入れることで、
Unity上のプレイ画面をHTC VIVEで再生出来るようになります。

HTC VIVE Pro

HTC VIVEには、上位互換機種であるHTC VIVE Proもあります。

HTC VIVE Pro仕様

スクリーン デュアルAMOLED 3.5インチ(対角)
解像度 2880×1600(片目1440×1600)
リフレッシュレート 90 Hz
視野角 110度
オーディオ ハイレゾ対応ヘッドセット
ハイレゾ対応ヘッドフォン(取り外し可能)
高インピーダンスのヘッドフォンサポート
入力 内蔵マイク
接続 USB-C 3.0、DP 1.2、Bluetooth
センサー SteamVRトラッキング、Gセンサー、ジャイロスコープ、近接センサー、IPDセンサー
人間工学 レンズ距離調整による瞳距離調整

現行版とProの違い

解像度の向上

現行版の解像度が2160×1200(片目1080×1200)に対し、
Proは2880×1600(片目1440×1600)と、ディスプレイがより綺麗になりました。

ヘッドホンを標準装備

現行版にはヘッドホンが付いていませんでしたが、
Proにはハイレゾ対応の高品質ヘッドホンが標準装備されています。

全面にカメラを装備

HMDの全面に双眼カメラが装備されています。
どう利用するかは開発者次第とのこと。