Googleストリートビューなどでお馴染みの、
360度画像およびバーチャルツアーについての解説および制作会社の紹介ページです。


360度画像・バーチャルツアーとは?

360度画像とは、周囲を360度回転させることの出来る画像です。
360度画像は1地点から周りを見渡すだけで、その場から歩いて移動する事は出来ません。
そこで、何枚もの360度画像をつなぎ合わせて、まるで歩いて移動しているかのような作品として制作します。

この作品をバーチャルツアーと言います。
Googleストリートビューがまさにバーチャルツアーの一種と言えます。

活用事例

観光PRに

沖縄の観光スポットをバーチャルツアーで紹介するコンテンツ


不動産物件や施設の紹介に

物件紹介をバーチャルツアーを用いる例
(↓このまま、くるくると回せます)

バーチャルツアーの公開方法

インターネット上でバーチャルツアーを公開するには、以下2通りの方法があります。

制作会社に撮影・制作を依頼

専門業者に依頼して制作します。上記の沖縄VRの例がこのパターンとなります。
納品物はHTML一式となりますので、通常のHTML同様に御社のWebサーバーで公開することができます。

この方法のメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • HTMLデザインのカスタマイズが自由
  • プロのカメラマンが一眼レフで撮影するため画像が美麗
    (※業者によっては安価な360度カメラで簡易的に済ませてしまう場合もあり)
  • 外注なので労力がかからない

クラウドサービスを利用し自分で作成

Pano-Mixer360のようなクラウドサービスを利用して、ご自身でバーチャルツアーを作成することも可能です。
上記の不動産物件の紹介例がこのパターンとなります。

制作依頼、相談出来る会社

株式会社ワイミーズ

http://wammys.jp/
対応地域: 全国

VR制作会社Wammysのロゴ

当サイトVReachの運営会社である株式会社ワイミーズでは、
一眼レフカメラによる高解像度360度写真撮影・制作およびバーチャルツアーの制作を行なっております。
また当社では、バーチャルツアー制作クラウドサービスであるPano-Mixer360の提供も行っており、
用途・予算に合わせたご提案が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。