ハイエンドVRとは、下の画像のようなコントローラー付き高級VR機器(HTC VIVEなど)です。
HTC-VIVE

ハイエンドVRとは

ハードウェア

現在、プレイステーションVRWindows Mixed Reality Headsetなど様々なハードが発売されていますが、
ここでは中でも代表的な2機種を紹介します。

HTC VIVE

HTC VIVEは、Valve社と台湾のHTC社により共同開発されたVR向けHMD(ヘッドマウントディスプレイ)です。

片目1080×1200の有機ELディスプレイを搭載しており、美麗な映像と高度な没入感を体験できる高級機種です。

最大の特徴はルームスケール機能で、3m×4mの範囲にいるプレイヤーの頭の位置や向きリアルタイムに検出することが可能で、現実世界で歩き回るとVRの中でも連動して歩き回ることが可能です。
もちろん、普通に座ってプレイするモードも搭載しています。
HTC-VIVE

Oculus Rift

Oculus riftは米Facebook傘下のOculus社が発売しているVR向けHMDです。
こちらもHTC VIVEと同等のクオリティを楽しめるハイエンド機種です。
Oculus rift

開発エンジン

Unity

Unityはゲームエンジンですが、VRの開発プラットフォームとしても使われています。
Unityで開発したVRコンテンツを「HTC VIVE」などのハード機で再生する、といった流れとなります。

ハイエンドVR機とスマホVRとの違い

スマートフォンをセットして使うタイプの安価なHMD(ヘッドマウントディスプレイ)とは、以下の点で違います。

液晶の美しさ

スマホ液晶ではドットが荒く感じますが、
ハイエンド機の液晶は高解像度で美麗に見えます。

インタラクティブ性(VR空間内での行動)

大抵のスマホVRは現状、スマホをセットして360度動画を楽しむ程度の使い方であり、
ハイエンドVR機のようなコントローラーを両手に持ち、VR空間の中に「行動を持ち込む」ような事は出来ません。

ルームスケール機能

現実空間での移動がVR空間に反映されるルームスケール機能もスマホVRでは再現出来ません。

プレイできるコンテンツの種類

スマホVRは、スマホのアプリやブラウザ上で動作するコンテンツのみプレイ可能です。
一方ハイエンドVRでは、Unityで自作したコンテンツはもちろん、
主に「steam」というアプリ配信プラットフォームで入手可能なゲームやアプリをプレイする事になります。

自主制作ではなく一般配布されているアプリやゲームをプレイしたい場合は、
それが、どのプラットフォームで配信されているかによってデバイスの選択が変わってきます。

活用事例

VRアトラクション

「CIRCLE of SAVIORS」VR PARK TOKYO渋谷などのテーマパークで楽しめる、HTC VIVE用のVRアトラクションです。

VRゴーグルを着用した仮想空間の中で、HTC VIVEのコントローラーがリアルな武器に変身します。
プレイヤーは勇者となり、迫り来るモンスターを倒していくVRゲームコンテンツとなっています。

アダルト

VRはアダルト業界からも熱視線が送られています。
VRカノジョはハイエンドVR向けのアダルトコンテンツです。

ハイエンドVRの特徴であるインタラクティブ性、つまり仮想現実の世界に自分の行動を持ち込むことが出来る性能を活かし、
VR世界の中で彼女の髪を撫でる、スカートをめくる、といった仮想体験が出来るようになっています。

教育

株式会社積木製作が制作した安全体感VRトレーニングは、
ハイエンドVR機で動作する教育・訓練用VRコンテンツです。

現実では体感することが難しい「建設現場での仮設足場からの墜落、落下、挟まれ、火傷等の体験」をVRで実現。
この訓練により労働災害の防止が期待されます。

教育・訓練分野でのVR活用は非常に注目されており、
より詳細はこちらの記事にて紹介しています。

医療

Holoeyes株式会社は、医師の杉本氏が創業した医療系VR企業です。

同社では、従来2Dの平面画像で判断していた患者の状態を
VRやMRデバイスを用いて3Dデータとして認識し、さらにそのデータを検索・シェア・巻き戻し出来るサービスをおこなっています。

この分野で注目のVR制作会社

※あくまで一般リサーチによるご紹介ですので発注トラブル等におきましては当サイトを除く当事者間で解消願います。

ハシラス

ホームページ: https://hashilus.com/
所在地: 東京
株式会社ハシラス
VRアトラクションに強みがあり、同社のVRコンテンツは「VR PARK TOKYO」などのVRテーマパークで遊ぶ事が出来ます。

ダズル

ホームページ: https://dzl.co.jp/virtual_reality
所在地: 東京
株式会社ダズル
VRゲーム・VRシステム開発など。