ARとは?

AR(Augmented Reality)とは、拡張現実の略です。

スマートフォンのカメラなどを通して見ている現実に、
CGなどの情報を重ねることで現実を拡張します。

VRとの違いは?

ARが現実拡張であるのに対し、
VR(バーチャルリアリティ)は、現実の有無を問わない仮想現実の世界です。
つまり空を飛んだりタイムスリップをしたりと、VRは何でもあり!の世界です。

ARはあくまで現実をベースとしており、そこに非現実の何かを付け加えていくという特徴があります。

VR・AR・MR・SRの違いについてはこちらの記事をご参照ください。

ARを実現するデバイス(AR機器)

Hololens

MicrosoftのHololens公式ページ
Microsoftが開発したAR/MR用デバイスです。
グラス越しの現実空間上に様々なものを投影します。

hololens

表示されるものは、
お料理レシピだったり、未完成の建築物だったり使い方は無限大です。

表示切り替え操作は、声や視線、独自ジェスチャーなどで行います。

スマートフォン

Androidは「ARCore」、iOSは「ARkit」というARプラットフォームが発表され、
いよいよスマホもAR時代の幕開けとなりました。

今後スマートフォンのアプリは、これまでに無いAR機能を搭載したアプリが続々とリリースされることが予想されます。

その他ARグラス

その他にも様々なARグラスが発売されています。
今はまだAR黎明期であるため、各社競い合って開発している市場状況となっています。

その他のARグラスについてはこちらの記事に詳しく書かれています。

ARの活用事例

IKEA – 家具の試しおき

家具量販店のIKEAは、ARでお部屋に家具をお試し配置できるアプリ「IKEA Place」を公開しています。
ARなら正確なサイズの家具を部屋にお試し配置できるため、
購入後の生活感を具体的にイメージ出来るようになります。

ModiFace – ARでメイク(化粧)

美容関連VR企業「ModiFace」は、ARを活用してメイクを簡単に変更/比較できるアプリを公開しました。
化粧品の色を自分の顔に反映させ、何パターンも比較・検討することができる、ARの強みを活かした事例です。

日本航空 – 教育・訓練

日本航空(JAL)は、HoloLensを利用した整備士の教育・訓練の検証を行っています。

従来、コックピットの訓練プログラムは紙の模型で行なっていましたが、
HoloLensを使えば、実物大のリアルなコックピットをARで再現することができます。

ARには3種類ある

ARの実現方法(技術的な認識方法)としては、以下の3種類があります。

・位置認識型
・マーカー型
・マーカーレス型

この種類によって、ARの使い方(企画)や、AR製作会社への発注方法が変わってくるので注意が必要です。

位置認識型

GPSを使うことで、ARデバイス(スマホなど)の位置情報を認識し、
その位置座標に対して現実拡張(テキストや動画像の表示)を行います。

「ポケモンGO」のように、位置情報に連動したARコンテンツを製作する場合に用いられます。

マーカー型

このようなマーカーに反応してARが出現するタイプです。

マーカー型の特徴として、スマホのWEBブラウザさえあれば専用のアプリをインストールしなくてもAR体験が可能というお手軽さが挙げられます。

用途としては、
図書にマーカーを掲載してARで補足情報を表示したり、
年賀状にマーカーを掲載してARでその年の干支を浮かび上がらせたり、
お菓子やCDなどの「おまけ」としてARマーカーを配布し、何らかのコンテンツを浮かび上がらせる
など、幅広い用途があります。

マーカーレス型

マーカーレス型は、GPSもマーカーも不要で動作するタイプです。

代表的な事例として、「snow」という人気アプリがあります。
これは顔の表情の変化を認識して、動物の耳をAR表示したり出来るARアプリです。

AR制作のご依頼はこちら

当サイトVReachを運営する株式会社ワイミーズではAR制作を行なっております。
どうぞお気軽にご相談ください。

スマホAR (拡張現実)